慢性腰痛

慢性腰痛の人は健康な人に比べて

脳の一部の機能が低下しているため

痛みに過剰に反応してしまう

と考えられています。

痛みの興奮を抑える機能があるDLPFC(背外側前頭前野)

この機能が低下すると

扁桃体の正常な活動が妨げられ

判断、意欲が低下したり

不安、悲しみ、自己嫌悪、恐怖など

の感情が強く出てしまう。

悪循環のループですよね😭

腰が痛いから安静にしてじっとしているより

できる限り自分の好きなことをしたり考えたりすることが

腰痛の治療になることもある🌟

痛い上に気分もズゥ〜ンとなる前に

日頃から動きやすい体にしておく!

これが大事✨✨✨

一緒に少しずつ体の可動性

そして視野を広げていきましょう☺️

前の記事

開院2周年

次の記事

感じる力