あなたの口の中は乾いてる?

最近は寒暖差が大きいですね:;(∩´`∩);:

このような季節の変わり目は自律神経の機能が乱れて

風邪を引いたり体調を崩しやすいのでケアは大切です✨

自律神経(交感神経・副交感神経)は

唾液の分泌も調節しています。

「ドライマウス(口腔乾燥症)」は

唾液の分泌量が減って口の中が乾く症状。

交感神経が優位のときは唾液量が少なくなり

ネバネバした粘液性の唾液となるため乾きます。

唾液が少なくなると、色んなトラブルが起こります。

胃を痛めやすくなることも、そのひとつです。

唾液は食べ物の消化を助けたり、胃酸を中和しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

唾液の量は健康度のバロメーターのひとつ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お肌も心も、お口の中も、潤うのが良いですよね♪( ´▽`)

そのためにも自律神経の状態は重要なのです🌟

当院では神経系の状態も検査して全身を調整します。

施術後に唾液の量が増える方もいます⤴️

先週、色治療院近くの神社にて♪

もう散ってしまいましたね〜また来年🌸