浅い呼吸は不調の元

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

浅い呼吸が日常化すると

心身へのダメージにつながってしまう

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「息」は「自分の心」と書きますよね。

呼吸は自分の状態を知ることができるんです。

例えば、

・胸郭を動かす筋肉が凝り固まった状態

・体の痛みや肩こりがある

・気持ちに余裕がない

・緊張している

・イライラしている

こういう時

呼吸が浅くて短い状態になっていませんか?

中には、呼吸がしにくい方もいます。

呼吸が浅いと

身体中や脳に酸素が十分に行き渡らず

循環が悪くなってしまいます。

また酸素と二酸化炭素を換気する効率が悪くなります。

すると

・代謝が落ち、各臓器の働きが低下したり、疲れやすくなる

・血流も悪くなり、肩こりやむくみが起こりやすくなる

・不安やストレスを感じやすくなる

・自律神経が乱れる

浅い呼吸を改善するには、

まずは姿勢をよくすることが大切です。

姿勢をよくするためには、

体の歪みを解消することが重要🌟

現在はマスク生活が定着して

より浅い呼吸になりやすいので

気をつけたいところです。

当院では理論に基づいた方法で体の歪みを取り

・深い呼吸でリラックスできる

・症状や身体が軽くなる

・疲れにくい体へ

日常化していくお手伝いをします( ´ ▽ ` )ノ

次の記事

意識できない動き