体の歪みと痛み

20代女性の症例

小学生の時から肩こり、腰・下半身の痛み、側弯症

姿勢分析: 全身の歪み

(肩の高さが違う、肩内巻き、猫背、O脚・扁平足気味)

神経検査: 上肢の動作に顕著なぎこちなさがみられました。

膜性の緊張も強く、痛みを感じやすい状態でした。

2回目の来院時には、側弯はほぼ改善がみられました。

数ヵ月後(8回目)

・強い痛みや持続痛はなくなった。

・痛みなどで1回は目が覚めていたが、

   朝までぐっすり眠れるようになった。

・風邪を月1回は引いていたが、

   先月から引いていない。

・生理不順が改善、生理痛かなり軽減

・姿勢が良くなった。

など

神経回路の流れがスムーズになり

脳や神経の興奮性を抑えられる状態まで変わってくると

それに伴い段々と良い変化がみられ

「10年来の痛みが楽になって嬉しい」と

ステキな笑顔が増えました✨

年齢よりも、やはり問題の深さが重要なのだと。

歳を重ねれば重ねるほど、問題は大きくなるので

結果、回復するための時間もかかってしまう。

私自身の経験上からしても、早めのケアをお勧めします🌟

前の記事

年末のご案内

次の記事

「睡眠が違う」