疲れにくい体へ

良い姿勢で立てれば

どこにも負荷はかからないので、疲れにくい👍

姿勢が崩れると

体に余計な負担がかかり疲れやすくなるばかりか、

腰痛や膝関節の痛みを誘発するリスクが高まるんです。

あなたの姿勢はどうですか?

背筋をピンとのばして胸を張る。

いわゆる「気をつけ」の姿勢です。

「よい姿勢=腰を反らせた姿勢」と勘違いしている人は

意外に多いです。

「気をつけ」の姿勢は腰への負担が集中してしまいます。

なぜならば

胸を張り背筋を伸ばすと、腰が反ってしまうからです。

人間の体のしくみから見ると、

背骨は横からみると緩やかなS字を描いた状態が本来の形。

S字のカーブによって、

重力を分散させ関節や首、脳への衝撃を吸収しているんです。

「気をつけ」の姿勢では、

背骨のS字カーブが失われてしまいます。

当院では毎回、姿勢をチェックして自覚していただきます。

体はご自分の状態を「知る」ことで良くなっていくのです🌟

普段から姿勢を意識して、

厳しい残暑でも元気に過ごしたいですねー٩(๑)۶

前の記事

疲れの回復

次の記事

当院の特殊性