目的意識

今週は3日間、構造鍼関連の勉強会へいってきました。

今年に入り構造鍼はさらなる進化を遂げています。

今回は構造鍼の基盤となる内容が主でした。

治療の技術だけでなく、検査も他ではないほど精密で独自のものなので技術を必要とします。

当院では治療と同等に検査を重要視しています。

目的のひとつは患者さんの状態を正確に把握することです。

そして治療の経過がうまくいっているのか、または変化していないのかなどを客観的に把握することも大事にしています。

また患者さんと共有できることのひとつだと思っています。

今回の勉強会では、自分が検査や触診で診ているものをもっと明確にしようと強く感じました。そうすることで検査や治療の精度が確実に上がりますし、患者さんにより安心感を持っていただけると思いました。

勉強会といっても技術や理論だけでなくあらゆる事を学ばせていただけるので感謝するとともに、患者さんへ活かしていけれるように色んな面を見直して目的意識をもっとはっきりと描きながら精進していきます。